ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
国連・憲法問題研究会報告第66集 安保法制下での安保状況・安倍政権下で進む軍拡/湯浅一郎
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
テオリア論集8 日本の政治と社会を立て直す
テオリア論集9 「講座・1968〜69年反乱から50年」/松井隆志・高橋武智・内藤秀之
テオリア論集10 《生きづらさ》を強いる社会のこえ方/雨宮処凛・高端正幸・高坂 勝・鳥井一平
嫌韓ナショナリズムと植民地主義――「慰安婦」・「徴用工」問題の研究を踏まえて/今田真人
報告69集 先制攻撃する自衛隊へ−敵基地攻撃能力/清水雅彦
テオリア論集11 コロナ・ショックは世界をどう変えるか/白川真澄
テオリア論集12 「コロナ時代」を生き抜くために/五箇公一 瀬戸大作 宮部彰
新聞テオリア109号・2021年10月10日 ポスト菅にどう対決するか
新聞テオリア110号・2021年11月10日 2021年総選挙 岸田政権の継続と立憲野党敗北をどう見るか
新聞テオリア第111号・2021年12月10日 最後のチャンスを失ったCOP26
新聞テオリア第112号・2022年1月1日 シンポジウム 中国はどこに向かうか
新聞テオリア第113号・2022年2月10日『語り継ぐ1969 糟谷孝幸追悼50年―その生と死』出版記念のつどい
報告70集「ポスト・トランプ」のアメリカ民衆と構造的暴力 マニュエル・ヤン
新聞テオリア第114号・2022年3月10日いまMMT(現代貨幣理論)をどう考えるか
テオリア論集13 中国はどこに向かうか 平川均・丸川哲史・稲垣豊
新聞テオリア第115号・2022年4月10日ウクライナ戦争後の世界
新聞テオリア116号・2022年5月10日「ウクライナ戦争」にどう向き合うか
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
テオリア論集8 日本の政治と社会を立て直す
テオリア論集9 「講座・1968〜69年反乱から50年」/松井隆志・高橋武智・内藤秀之
テオリア論集10 《生きづらさ》を強いる社会のこえ方/雨宮処凛・高端正幸・高坂 勝・鳥井一平
嫌韓ナショナリズムと植民地主義――「慰安婦」・「徴用工」問題の研究を踏まえて/今田真人
報告69集 先制攻撃する自衛隊へ−敵基地攻撃能力/清水雅彦
テオリア論集11 コロナ・ショックは世界をどう変えるか/白川真澄
テオリア論集12 「コロナ時代」を生き抜くために/五箇公一 瀬戸大作 宮部彰
新聞テオリア109号・2021年10月10日 ポスト菅にどう対決するか
新聞テオリア110号・2021年11月10日 2021年総選挙 岸田政権の継続と立憲野党敗北をどう見るか
新聞テオリア第111号・2021年12月10日 最後のチャンスを失ったCOP26
新聞テオリア第112号・2022年1月1日 シンポジウム 中国はどこに向かうか
新聞テオリア第113号・2022年2月10日『語り継ぐ1969 糟谷孝幸追悼50年―その生と死』出版記念のつどい
報告70集「ポスト・トランプ」のアメリカ民衆と構造的暴力 マニュエル・ヤン
新聞テオリア第114号・2022年3月10日いまMMT(現代貨幣理論)をどう考えるか
テオリア論集13 中国はどこに向かうか 平川均・丸川哲史・稲垣豊
新聞テオリア第115号・2022年4月10日ウクライナ戦争後の世界
新聞テオリア116号・2022年5月10日「ウクライナ戦争」にどう向き合うか
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア109号・2021年10月10日 ポスト菅にどう対決するか
販売価格

350円(内税)

購入数


ポスト菅にどう対決するか

 9月3日、菅義偉はオリパラ強行で患者在宅死が相次ぐ医療崩壊を引き起こした挙句、政権を投げ出した。退陣表明直後からマスコミは自民党総裁選一色。10月ポスト菅政権発足、11月総選挙となろうとしている。
 2021年総選挙においては、モリカケサクラなどの政権私物化、日本学術会議任命拒否、安保法などの民主主義・立憲主義破壊の責任を追及し、アベスガ政治からの転換を主張していくことが重要だ。
 同時に、安倍・菅と自公政権を二代続けて退陣に追い込んだのが「コロナ失政」に対する人々の批判であったことを踏まえれば、コロナショックで拡大した格差によって困窮している人たちを支援する政策、医療などエッセンシャルワーカーに光を当てる政策の争点化が必要だ。コロナショックで大儲けしている大企業、富裕層に応分の負担をさせ、「自己責任社会」から転換していく政策を、長期的な社会ビジョンを踏まえて提起していく必要がある。
 座談会(2〜5面)では総選挙の争点と課題を取り上げた。 (9月25日)


紙面紹介
座談会 ポスト菅にどう対決するか 橋本久雄・西村光子・柴垣顕郎・白川真澄・吉田和雄 2〜5面
パラリンピック聖火リレーの裏側から 前川浩子 5面
「ポスト・トランプ」のアメリカ民衆と構造的暴力(中) マニュエル・ヤン 6〜8面
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける