ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
国連・憲法問題研究会報告第66集 安保法制下での安保状況・安倍政権下で進む軍拡/湯浅一郎
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
新聞テオリア75号・2018年12月10日 継続する「1968年」の問いと運動
新聞テオリア76号・2019年1月10日 第7回シンポジウム「日本の政治と社会を立て直す」
新聞テオリア第77号・2019年2月10日 移民社会日本を直視する
新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
日本の政治と社会を立て直す
新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
新聞テオリア第79号・2019年4月10日 「天皇代替わり」を正面から問う
新聞テオリア第81号・2019年6月10日 構造的変化の時代の課題
新聞テオリア第82号・2019年7月10日 消費増税をどう考えるか
新聞テオリア第83号・2019年8月10日 グランドデザインなき参院選
新聞テオリア第84号・2019年9月10日 日本版「左右のポピュリズム」?
新聞テオリア第85号・2019年10月10日「東電「無罪」の不当判決を許さない」
新聞テオリア第86号・2019年11月10日 消費増税をめぐる論争を読み解く
新聞テオリア第87号・2019年12月10日 《生きづらさ》を強いる社会のこえ方
新聞テオリア第88号・2020年1月1日 新年座談会 気候危機、香港――世界の新しい運動は何を問うているのか
新聞テオリア第89号・2020年2月10日 安保法制実働化の自衛隊中東派兵
テオリア論集9 「講座・1968〜69年反乱から50年」/松井隆志・高橋武智・内藤秀之
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
新聞テオリア75号・2018年12月10日 継続する「1968年」の問いと運動
新聞テオリア76号・2019年1月10日 第7回シンポジウム「日本の政治と社会を立て直す」
新聞テオリア第77号・2019年2月10日 移民社会日本を直視する
新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
日本の政治と社会を立て直す
新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
新聞テオリア第79号・2019年4月10日 「天皇代替わり」を正面から問う
新聞テオリア第81号・2019年6月10日 構造的変化の時代の課題
新聞テオリア第82号・2019年7月10日 消費増税をどう考えるか
新聞テオリア第83号・2019年8月10日 グランドデザインなき参院選
新聞テオリア第84号・2019年9月10日 日本版「左右のポピュリズム」?
新聞テオリア第85号・2019年10月10日「東電「無罪」の不当判決を許さない」
新聞テオリア第86号・2019年11月10日 消費増税をめぐる論争を読み解く
新聞テオリア第87号・2019年12月10日 《生きづらさ》を強いる社会のこえ方
新聞テオリア第88号・2020年1月1日 新年座談会 気候危機、香港――世界の新しい運動は何を問うているのか
新聞テオリア第89号・2020年2月10日 安保法制実働化の自衛隊中東派兵
テオリア論集9 「講座・1968〜69年反乱から50年」/松井隆志・高橋武智・内藤秀之
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア第89号・2020年2月10日 安保法制実働化の自衛隊中東派兵
販売価格

350円(内税)

購入数


安保法制実働化の自衛隊中東派兵

 安倍政権は「調査・研究」名目で海上自衛隊の中東派兵を12月27日閣議決定した。自衛隊はジブチ基地を建設し「海賊対処」を口実とした活動を続けてきた。今回、活動範囲がオマーン湾、アラビア海北部、バベルマンデブ海峡東側の海域に拡大される。1月11日、P3C2機が那覇基地から出発。護衛艦「たかなみ」が2月2日には横須賀から出航する。
 中東の軍事的緊張を高めているのは、イラン司令官を暗殺(1月1日)したトランプ政権の中東政策。安倍政権はイランとの「友好関係」を語りながら、トランプの無法な犯罪を批判することなく、トランプに追随している。
 桜を見る会疑惑、カジノ汚職など、安倍政権の権力私物化と腐敗は底なしの状況だ。権力・税金を私物化して「有権者買収」を行い、国民の財産である公文書を捨てる、なかったことにする。国会で虚偽答弁を繰り返す。安倍が疑惑隠しのために、強調するのが東京五輪であり、改憲だ。
 安倍が明文改憲を強調して疑惑隠しを行うほど、自らの野望である在任中改憲の可能性が低下する自縄自縛の様相だ。
(1月24日)


紙面紹介
海上自衛隊中東派兵の問題性 池田五律 2面
糟谷孝幸追悼50年集会 3面
移民社会・日本の課題(上) 鳥井一平 4〜6面
三里塚旗開き  6面
嫌韓ナショナリズムと植民地主義――「慰安婦」・「徴用工」問題の研究を踏まえて(上) 今田真人 7〜8面
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける