ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
国連・憲法問題研究会報告第66集 安保法制下での安保状況・安倍政権下で進む軍拡/湯浅一郎
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア70号・2018年7月10日 米朝会談の意味と反戦平和運動の課題
新聞テオリア71号・2018年8月10日 「1968」―「叛乱の時代」を問い直す
新聞テオリア72号・2018年9月10日 いま、なぜ、ベーシック・インカムか
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
新聞テオリア73号・2018年10月10日
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
新聞テオリア74号・2018年11月10日
新聞テオリア75号・2018年12月10日 継続する「1968年」の問いと運動
新聞テオリア76号・2019年1月10日 第7回シンポジウム「日本の政治と社会を立て直す」
新聞テオリア第77号・2019年2月10日 移民社会日本を直視する
新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
日本の政治と社会を立て直す
新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
新聞テオリア第79号・2019年4月10日 「天皇代替わり」を正面から問う
新聞テオリア第81号・2019年6月10日 構造的変化の時代の課題
新聞テオリア第82号・2019年7月10日 消費増税をどう考えるか
新聞テオリア第83号・2019年8月10日 グランドデザインなき参院選
新聞テオリア第84号・2019年9月10日 日本版「左右のポピュリズム」?
新聞テオリア第85号・2019年10月10日「東電「無罪」の不当判決を許さない」
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア70号・2018年7月10日 米朝会談の意味と反戦平和運動の課題
新聞テオリア71号・2018年8月10日 「1968」―「叛乱の時代」を問い直す
新聞テオリア72号・2018年9月10日 いま、なぜ、ベーシック・インカムか
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
新聞テオリア73号・2018年10月10日
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
新聞テオリア74号・2018年11月10日
新聞テオリア75号・2018年12月10日 継続する「1968年」の問いと運動
新聞テオリア76号・2019年1月10日 第7回シンポジウム「日本の政治と社会を立て直す」
新聞テオリア第77号・2019年2月10日 移民社会日本を直視する
新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
日本の政治と社会を立て直す
新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
新聞テオリア第79号・2019年4月10日 「天皇代替わり」を正面から問う
新聞テオリア第81号・2019年6月10日 構造的変化の時代の課題
新聞テオリア第82号・2019年7月10日 消費増税をどう考えるか
新聞テオリア第83号・2019年8月10日 グランドデザインなき参院選
新聞テオリア第84号・2019年9月10日 日本版「左右のポピュリズム」?
新聞テオリア第85号・2019年10月10日「東電「無罪」の不当判決を許さない」
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア第85号・2019年10月10日「東電「無罪」の不当判決を許さない」
販売価格

350円(内税)

購入数


新聞テオリア第85号・2019年10月10日
東電「無罪」の不当判決を許さない

東電「無罪」の不当判決を許さない

 9月19日、東京地裁は東京電力福島第一原発事故刑事裁判で業務上過失致死罪で強制起訴されていた元経営者3被告を「全員無罪」とする不当判決を下した。
 東電刑事裁判では10mの原発敷地を超える津波襲来が予測されていたにもかかわらず、被告らは安全より原発稼働という金儲けを優先。防潮堤かさ上げなどの地震対策を先送りしたことが全電源喪失、原発過酷事故につながったことが明らかになった。
 にもかかわらず、判決は被告の言い分をそのまま採用し「大津波の予見可能性は認められない」と東電被告を免罪。原発規制について「絶対的安全性の確保までを前提とはしていなかった」と原子力ムラの本音をそのまま代弁した。
 不当判決は排外主義を煽り、民主主義を圧殺しようとする安倍政権の暴走と軌を一にしたものだ。国家犯罪・企業犯罪を正当化する東京地裁判決を許してはならない。(9月27日)


紙面紹介
9・19東電刑事裁判不当判決に抗議 2〜3面
ローカリズムの時代へ(下) 高坂勝  3〜4面
三里塚台風被害にカンパを  5面
違憲の大軍拡予算案/ピョンヤン宣言集会 6面
自己責任社会を変える財政を  7面
書評「資本主義はどこに向かうのか」 8面
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける