ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
国連・憲法問題研究会報告第66集 安保法制下での安保状況・安倍政権下で進む軍拡/湯浅一郎
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア70号・2018年7月10日 米朝会談の意味と反戦平和運動の課題
新聞テオリア71号・2018年8月10日 「1968」―「叛乱の時代」を問い直す
新聞テオリア72号・2018年9月10日 いま、なぜ、ベーシック・インカムか
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
新聞テオリア73号・2018年10月10日
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
新聞テオリア74号・2018年11月10日
新聞テオリア75号・2018年12月10日 継続する「1968年」の問いと運動
新聞テオリア76号・2019年1月10日 第7回シンポジウム「日本の政治と社会を立て直す」
新聞テオリア第77号・2019年2月10日 移民社会日本を直視する
新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
日本の政治と社会を立て直す
新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
新聞テオリア第79号・2019年4月10日 「天皇代替わり」を正面から問う
新聞テオリア第81号・2019年6月10日 構造的変化の時代の課題
新聞テオリア第82号・2019年7月10日 消費増税をどう考えるか
新聞テオリア第83号・2019年8月10日 グランドデザインなき参院選
新聞テオリア第84号・2019年9月10日 日本版「左右のポピュリズム」?
新聞テオリア第85号・2019年10月10日「東電「無罪」の不当判決を許さない」
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア70号・2018年7月10日 米朝会談の意味と反戦平和運動の課題
新聞テオリア71号・2018年8月10日 「1968」―「叛乱の時代」を問い直す
新聞テオリア72号・2018年9月10日 いま、なぜ、ベーシック・インカムか
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
新聞テオリア73号・2018年10月10日
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
新聞テオリア74号・2018年11月10日
新聞テオリア75号・2018年12月10日 継続する「1968年」の問いと運動
新聞テオリア76号・2019年1月10日 第7回シンポジウム「日本の政治と社会を立て直す」
新聞テオリア第77号・2019年2月10日 移民社会日本を直視する
新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
日本の政治と社会を立て直す
新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
新聞テオリア第79号・2019年4月10日 「天皇代替わり」を正面から問う
新聞テオリア第81号・2019年6月10日 構造的変化の時代の課題
新聞テオリア第82号・2019年7月10日 消費増税をどう考えるか
新聞テオリア第83号・2019年8月10日 グランドデザインなき参院選
新聞テオリア第84号・2019年9月10日 日本版「左右のポピュリズム」?
新聞テオリア第85号・2019年10月10日「東電「無罪」の不当判決を許さない」
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
販売価格

350円(内税)

購入数


現代世界はどこへ向かうか

 4月統一地方自治体選挙・衆院補選が行われた。自民党は12年第二次安倍政権発足後、不戦敗を除き、初めて衆院補選(21日投票)に敗北。安倍政権へのノーが突き付けられた。
 衆院沖縄3区補選では、安倍政治・辺野古基地建設に反対した「オール沖縄」の屋良朝博が自民党候補に圧勝。辺野古新基地建設に反対する沖縄の民意が知事選・県民投票に続き、改めて示された。
 7日投票の11道府県知事選、6政令市長では大阪、福岡、島根、大阪市で自民推薦候補が敗北。
 道府議選挙で自民党は1158議席を獲得(4月8日現在)。議席占有率を50・9%に伸ばした。立憲民主党は31増の118、国民民主党は59減の83で合計議席は201。15年民主党264議席から後退。
 今夏の参院選挙に向けて、野党は安倍政治に対する明確なオルタナティブの提示、統一候補擁立ができるかという課題が浮き彫りになった。
 また、政治分野における男女共同参画推進法成立にもかかわらず、道府県議当選の女性は10・4%。安倍政権が掲げた「2030」(20年までに指導的地位に占める女性の割合を30%にする)目標は看板倒れになろうとしている。男性現職議員の多い自民党が女性候補の数値目標を設定しないことが大きな要因だ。
 7日投票の大阪府知事選、大阪市長選では維新が勝ち、府議会で過半数を回復(市議会では届かず)。21日衆院大阪12区補選では維新が当選した。スウェーデン、ドイツ、フィンランド、スペインなど欧米各国の選挙では排外主義、格差拡大への不満を煽り、右派ポピュリズム・極右政党が伸長している。日本における右派ポピュリズムである維新は、今回の選挙で勢いを盛り返し、大阪都構想、カジノ、万博などを推進。安倍改憲に協力しようとしている。
 自治体選挙で市民派は健闘し、前半戦では岡山県議選の大塚愛、岡山市議選の鬼木のぞみが得票を伸ばして上位当選(記事7面)。大阪府議選では、野々上愛(立憲民主党公認)が維新に対抗して当選した(6面)。
 後半戦の区市町村選挙では、泉大津市議選・高橋のぼる、国立市議選・重松朋宏、成田市議選・会津素子、小平市議選・橋本久雄、豊中市議選・木村真などが当選を果たした。(詳報次号)
 (4月22日)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける