ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
国連・憲法問題研究会報告第66集 安保法制下での安保状況・安倍政権下で進む軍拡/湯浅一郎
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア68号・2018年5月10日・リベラルとは何か
新聞テオリア69号・2018年6月10日 権力者の論理超え非核平和アジアへ
新聞テオリア70号・2018年7月10日 米朝会談の意味と反戦平和運動の課題
新聞テオリア71号・2018年8月10日 「1968」―「叛乱の時代」を問い直す
新聞テオリア72号・2018年9月10日 いま、なぜ、ベーシック・インカムか
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
新聞テオリア73号・2018年10月10日
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
新聞テオリア74号・2018年11月10日
新聞テオリア75号・2018年12月10日 継続する「1968年」の問いと運動
新聞テオリア76号・2019年1月10日 第7回シンポジウム「日本の政治と社会を立て直す」
新聞テオリア第77号・2019年2月10日 移民社会日本を直視する
新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
日本の政治と社会を立て直す
新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
新聞テオリア第79号・2019年4月10日 「天皇代替わり」を正面から問う
新聞テオリア第81号・2019年6月10日 構造的変化の時代の課題
新聞テオリア第82号・2019年7月10日 消費増税をどう考えるか
新聞テオリア第83号・2019年8月10日 グランドデザインなき参院選
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア68号・2018年5月10日・リベラルとは何か
新聞テオリア69号・2018年6月10日 権力者の論理超え非核平和アジアへ
新聞テオリア70号・2018年7月10日 米朝会談の意味と反戦平和運動の課題
新聞テオリア71号・2018年8月10日 「1968」―「叛乱の時代」を問い直す
新聞テオリア72号・2018年9月10日 いま、なぜ、ベーシック・インカムか
1978.3.26 三里塚管制塔占拠闘争40年 今こそ新たな世直しを! 3・25集会報告集
新聞テオリア73号・2018年10月10日
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか / 山田 朗
テオリア論集7 安倍一強政治の“終焉” 民主主義と社会保障のこれから
新聞テオリア74号・2018年11月10日
新聞テオリア75号・2018年12月10日 継続する「1968年」の問いと運動
新聞テオリア76号・2019年1月10日 第7回シンポジウム「日本の政治と社会を立て直す」
新聞テオリア第77号・2019年2月10日 移民社会日本を直視する
新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
日本の政治と社会を立て直す
新聞テオリア第80号・2019年5月10日 現代世界はどこへ向かうか
新聞テオリア第79号・2019年4月10日 「天皇代替わり」を正面から問う
新聞テオリア第81号・2019年6月10日 構造的変化の時代の課題
新聞テオリア第82号・2019年7月10日 消費増税をどう考えるか
新聞テオリア第83号・2019年8月10日 グランドデザインなき参院選
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア第78号・2019年3月10日 「偽装」をつくりだすもの
販売価格

350円(内税)

購入数


 安倍政権が毎月勤労統計等で不正・偽装を行ってきたことが明らかになった。
 毎月勤労統計は、精度を上げるための補正が17年度まで行われず、失業給付や労災保険の支払額が本来もらえる金額より低くなっていた。
 それだけではなく、18年分から調査手法の変更や補正がひそかに行われていた。それらは、サンプル調査になっていた東京都分大規模事業所の調査データをひそかに補正する。新しい全企業調査結果の補正をさかのぼって反映させない。
 中江元哉総理秘書官が厚生労働省に「問題意識」を伝えて、サンプルとなる事業所の入れ替え方式を変えさせる。賃金が低い日雇い労働者の賃金を統計の計算から外すなど。いずれも、平均賃金を高く出すための手法だ。
 安倍官邸の関与で行われた一連の不正を元に、18年の労働者名目賃金(平均)水準「急伸」という統計がつくられた。
 安倍政権の下で行われてきた統計不正は一つではない。白井康彦(フリーライター)は、第二次安倍政権が生活保護費大幅削減を正当化するために行った物価下落率を大幅に膨らませる「物価偽装」のカラクリを暴いている(本紙2面)。
 (2月23日)

紙面紹介
生活保護費大幅削減のための物価偽装 白井康彦 2面
書評 「幸福の増税論」 3面
「糟谷孝幸の死」から50年 糟谷の反戦の遺志から日本原へ 内藤秀之  4〜6面
改めて言う 天皇制廃止 田井允男  7面
武器取引反対/福島は語る/大地共有/反紀元節 8面
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける