新聞テオリア第50号2016年11月10日号 =「分断」から連帯の社会へ
新聞テオリア第51号2016年12月10日号 =問われるのは米国民衆だけではない
新聞テオリア52号・2017年1月1日「「トランプ以後」の世界」
ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
新聞テオリア第53号=2017年2月10日号 国家の強圧・差別に抗う沖縄
新聞テオリア第54号・2017年3月10日「安保法制下での安保状況」
新聞テオリア第55号・2017年4月10日『左翼は再生できるか』をめぐる論点
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
新聞テオリア第56号・2017年5月10日 資本主義に未来はあるか
新聞テオリア第57号・2017年6月10日 共謀罪―内心を監視する社会
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
新聞テオリア第58号・2017年7月10日 徹底解剖 トランポノミクス
新聞テオリア第59号・2017年8月10日 安倍政権の危機を政治的チャンスへ
新聞テオリア第60号・2017年9月10日 五輪災害と祝賀資本主義
新聞テオリア第61号・2017年10月10日 政治利用される「朝鮮半島危機」
国連・憲法問題研究会報告第66集 安保法制下での安保状況・安倍政権下で進む軍拡/湯浅一郎
新聞テオリア第62号・2017年11月10日 第6回総会記念シンポジウム開催・安倍一強政治の“終焉”民主主義と社会保障のこれから
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア第63号・2017年12月10日「貧困の現場から社会を変える」
新聞テオリア64号・2018年1月1日「緊急事態条項」の危険性
新聞テオリア65号・2018年2月10日・「底辺への競争」から底辺の底上げへ
新聞テオリア66号・2018年3月10日・安倍一強政治との対決と課題
新聞テオリア67号・2018年4月10日・「明治150年」を徹底批判する
新聞テオリア68号・2018年5月10日・リベラルとは何か
新聞テオリア69号・2018年6月10日 権力者の論理超え非核平和アジアへ
新聞テオリア第53号=2017年2月10日号 国家の強圧・差別に抗う沖縄
新聞テオリア第54号・2017年3月10日「安保法制下での安保状況」
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
新聞テオリア第56号・2017年5月10日 資本主義に未来はあるか
新聞テオリア第57号・2017年6月10日 共謀罪―内心を監視する社会
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
新聞テオリア第62号・2017年11月10日 第6回総会記念シンポジウム開催・安倍一強政治の“終焉”民主主義と社会保障のこれから
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア第63号・2017年12月10日「貧困の現場から社会を変える」
新聞テオリア64号・2018年1月1日「緊急事態条項」の危険性
新聞テオリア65号・2018年2月10日・「底辺への競争」から底辺の底上げへ
新聞テオリア66号・2018年3月10日・安倍一強政治との対決と課題
新聞テオリア67号・2018年4月10日・「明治150年」を徹底批判する
新聞テオリア68号・2018年5月10日・リベラルとは何か
新聞テオリア69号・2018年6月10日 権力者の論理超え非核平和アジアへ
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア68号・2018年5月10日・リベラルとは何か
販売価格

350円(内税)

購入数


リベラルとは何か

 今年に入ってから、安倍政権による公文書隠蔽、改竄、捏造、セクハラなどの事件が次々と表面化している。
 森友疑惑の公文書改竄、加計疑惑の「首相案件」での行政私物化と隠蔽、防衛省日報隠蔽、文科省・自民党議員による教育介入、「働き方改革」データ捏造、財務省セクハラ事件など。
 安倍政権より前ならば、内閣総辞職になっているような事件ばかりだ。
 財務事務次官福田淳一のセクシャルハラスメントについては、被害者が名乗り出なければセクシャルハラスメントとして認めないと居直り。財務相麻生を先頭に政権・自民党は加害者を擁護し、被害者を攻撃するセクシャルハラスメントを重ねている。財務省自体、政権自体がセクハラ官庁、セクハラ政権だ。
 今年になってからの一連の事件の噴出は、憲法・法律よりも自らのお友達を上位に置く安倍政権の私物化政治の必然的結果だ。
 だが、安倍政権は居直り、官僚に責任を押しつけ、何の責任も取っていない。朝鮮半島情勢の変化を利用し、9月には改憲実現のために3選をしようと、政権延命を画策している。
 安倍政権を追い込み、安倍政治からの根本的転換へ進めるのかが問われている。
    (4月21日)

紙面紹介
リベラルとは何か(上) 白川真澄 2〜4面
成田第3滑走路/東峰区声明 5面
管制塔占拠闘争40年集会/金城実さん来訪 6〜7面
反五輪/パレスチナ/沖縄裁判 8面

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける