新聞テオリア52号・2017年1月1日「「トランプ以後」の世界」
ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
新聞テオリア第53号=2017年2月10日号 国家の強圧・差別に抗う沖縄
新聞テオリア第54号・2017年3月10日「安保法制下での安保状況」
新聞テオリア第55号・2017年4月10日『左翼は再生できるか』をめぐる論点
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
新聞テオリア第56号・2017年5月10日 資本主義に未来はあるか
新聞テオリア第57号・2017年6月10日 共謀罪―内心を監視する社会
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
新聞テオリア第58号・2017年7月10日 徹底解剖 トランポノミクス
新聞テオリア第59号・2017年8月10日 安倍政権の危機を政治的チャンスへ
新聞テオリア第60号・2017年9月10日 五輪災害と祝賀資本主義
新聞テオリア第61号・2017年10月10日 政治利用される「朝鮮半島危機」
国連・憲法問題研究会報告第66集 安保法制下での安保状況・安倍政権下で進む軍拡/湯浅一郎
新聞テオリア第62号・2017年11月10日 第6回総会記念シンポジウム開催・安倍一強政治の“終焉”民主主義と社会保障のこれから
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア第63号・2017年12月10日「貧困の現場から社会を変える」
新聞テオリア64号・2018年1月1日「緊急事態条項」の危険性
新聞テオリア65号・2018年2月10日・「底辺への競争」から底辺の底上げへ
新聞テオリア66号・2018年3月10日・安倍一強政治との対決と課題
新聞テオリア67号・2018年4月10日・「明治150年」を徹底批判する
新聞テオリア68号・2018年5月10日・リベラルとは何か
新聞テオリア69号・2018年6月10日 権力者の論理超え非核平和アジアへ
新聞テオリア70号・2018年7月10日 米朝会談の意味と反戦平和運動の課題
新聞テオリア71号・2018年8月10日 「1968」―「叛乱の時代」を問い直す
新聞テオリア第53号=2017年2月10日号 国家の強圧・差別に抗う沖縄
新聞テオリア第54号・2017年3月10日「安保法制下での安保状況」
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
新聞テオリア第56号・2017年5月10日 資本主義に未来はあるか
新聞テオリア第57号・2017年6月10日 共謀罪―内心を監視する社会
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
新聞テオリア第62号・2017年11月10日 第6回総会記念シンポジウム開催・安倍一強政治の“終焉”民主主義と社会保障のこれから
テオリア論集6 資本主義・トランポノミクスを問う/宮崎礼二・白川真澄
新聞テオリア第63号・2017年12月10日「貧困の現場から社会を変える」
新聞テオリア64号・2018年1月1日「緊急事態条項」の危険性
新聞テオリア65号・2018年2月10日・「底辺への競争」から底辺の底上げへ
新聞テオリア66号・2018年3月10日・安倍一強政治との対決と課題
新聞テオリア67号・2018年4月10日・「明治150年」を徹底批判する
新聞テオリア68号・2018年5月10日・リベラルとは何か
新聞テオリア69号・2018年6月10日 権力者の論理超え非核平和アジアへ
新聞テオリア70号・2018年7月10日 米朝会談の意味と反戦平和運動の課題
新聞テオリア71号・2018年8月10日 「1968」―「叛乱の時代」を問い直す
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア67号・2018年4月10日・「明治150年」を徹底批判する
販売価格

350円(内税)

購入数


「明治150年」を徹底批判する

 2018年、安倍政権は「明治以降の歩みを次世代に遺す」「明治の精神に学び、更に飛躍する国へ」という「基本的な考え方」に基づく明治150年記念事業を大々的に推進。内閣官房に関連施策推進室を作り、自治体にも記念事業の実施を求めている。
 2月24日の講演(2〜5面に要旨掲載)で山田朗さん(近現代史)は、明治礼賛の「明治150年史観」を批判。改憲問題とは、根本的には歴史認識問題であると指摘。「明治150年史観」(明治礼賛論)は近代日本の歩みの肯定的評価に立ち、戦争・植民地支配・自由の抑圧に対する反省がなく、9条改憲論の基盤になっていると喝破した。
 15年8月、安倍は地元山口で「明治50年、100年も山口出身の首相だった」と長期政権への意欲を見せ、今回の記念行事となった。
 1918年、寺内正毅内閣はシベリア干渉戦争を開始。68年、佐藤栄作内閣は米国のベトナム侵略戦争を支持していた。現在、安倍政権は海外での武力行使へ敵基地攻撃能力保有、9条改憲に進もうとしている。68年青年学生は反乱を起こし、米騒動は寺内政権を打倒した。民衆の闘いの歴史から学ぶのは政権か、それとも私たちか。(3月24日)


紙面紹介
「明治150年」徹底批判 なぜ歴史を歪曲するのか 山田朗 2〜5面
AIが変える世界 滝川一郎 6〜7面
森友疑惑と安倍政権 7面
福島県民集会/沖縄不当判決 8面
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける