新聞テオリア第33号=2015年6月10日号「安保法制で戦争する国へ」
新聞テオリア第32号=2015年5月10日号「安倍「地方創生」への反撃」
新聞テオリア第34号=2015年7月10日号 戦争国家への転換にストップを!
新聞テオリア第35号=2015年8月10日号 「積極的平和主義」を撃つ平和主義
新聞テオリア第36号=2015年9月10日号 戦争国家の歴史修正主義
新聞テオリア第37号2015年10月10日号「2015年安保闘争の中間総括」
新聞テオリア第38号=2015年11月10日号研究所テオリア第4回シンポジウム「『負け組』をつくらない社会の創り方」開く
新聞テオリア第39号=2015年12月10日号 安倍政治をいかに突き崩すか
新聞テオリア第40号・2016年1月1日「2016年の課題から見えるもの」
新聞テオリア第41号 2016年2月10日 継続する帝国の論理
新聞テオリア第43号=2016年4月10日号戦争法で何が進んでいるのか
新聞テオリア第42号=2016年3月10日号「漂流するアベノミクス」
新聞テオリア44号・2016年5月10日「切り捨てられる「公助」」
新聞テオリア45号・2016年6月10日「緊急事態条項」の危険性
新聞テオリア46号・2016年7月10日 社会保障の大拡充と公正な税制を
新聞テオリア第47号=2016年8月10日号 参院選の次にくるものは
新聞テオリア第48号=2016年9月10日号 タックスヘイブンにどう対抗するか
新聞テオリア第49号2016年10月10日号 「実働化始まった安保関連法」
新聞テオリア第50号2016年11月10日号 =「分断」から連帯の社会へ
新聞テオリア第51号2016年12月10日号 =問われるのは米国民衆だけではない
新聞テオリア52号・2017年1月1日「「トランプ以後」の世界」
ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
新聞テオリア第53号=2017年2月10日号「安保法制で戦争する国へ」 国家の強圧・差別に抗う沖縄
新聞テオリア第54号・2017年3月10日「安保法制下での安保状況」
新聞テオリア第55号・2017年4月10日『左翼は再生できるか』をめぐる論点
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
新聞テオリア第53号=2017年2月10日号「安保法制で戦争する国へ」 国家の強圧・差別に抗う沖縄
新聞テオリア第54号・2017年3月10日「安保法制下での安保状況」
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア第49号2016年10月10日号 「実働化始まった安保関連法」
定価 350円(内税)
販売価格

350円(内税)

購入数


実働化始まった安保関連法

 2015年9月19日、反対の声を無視し安倍政権は安保関連法(「平和安全法制整備法」「国際平和支援法」)=戦争法を強行。集団的自衛権行使を「法制化」した。
 9月12日、自衛隊高級幹部会同で訓示した安倍晋三は「制度は整った。あとはこれらを血の通ったものとする。必要なことは『新しい防衛省・自衛隊による実行』だ。積極的平和主義の旗を高く掲げ、世界の平和と安定、繁栄にこれまで以上に貢献していく。今こそ実行の時だ」「私と諸君との紐帯の強さこそが、我が国の安全に直結する」と自らが推し進めてきた「戦争する国」づくりを誇り、安保法発動を宣言した。後の懇親会での映画「シン・ゴジラ」についての発言の方が目立って報道されていたが、これほど好戦的発言を行っているのだ。
 安保法実働化へ自衛隊は11月に派兵される南スーダンPKO第11次隊からの「駆け付け警護」など新任務実施に向けて、訓練を実施している。更に「米韓防護」の訓練開始、米軍に弾薬を提供する改定日米ACSA(物品役務相互提供協定)承認も狙われている。
 (9月24日)


 紙面紹介
自衛隊は南スーダンから撤退を 池田五律 2面
沖縄の自己決定権を支持する闘いを 中村利也 3〜4面
三里塚の女たち〜それでも楽しかった 石井紀子 5〜7面
リニア延伸に財政投融資  8面
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける