新聞テオリア第41号 2016年2月10日 継続する帝国の論理
新聞テオリア第43号=2016年4月10日号戦争法で何が進んでいるのか
新聞テオリア第42号=2016年3月10日号「漂流するアベノミクス」
新聞テオリア44号・2016年5月10日「切り捨てられる「公助」」
新聞テオリア45号・2016年6月10日「緊急事態条項」の危険性
新聞テオリア46号・2016年7月10日 社会保障の大拡充と公正な税制を
新聞テオリア第47号=2016年8月10日号 参院選の次にくるものは
新聞テオリア第48号=2016年9月10日号 タックスヘイブンにどう対抗するか
新聞テオリア第49号2016年10月10日号 「実働化始まった安保関連法」
新聞テオリア第50号2016年11月10日号 =「分断」から連帯の社会へ
新聞テオリア第51号2016年12月10日号 =問われるのは米国民衆だけではない
新聞テオリア52号・2017年1月1日「「トランプ以後」の世界」
ブックレット『左翼は再生できるか―戦後日本の政治攻防と社会運動』
新聞テオリア第53号=2017年2月10日号 国家の強圧・差別に抗う沖縄
新聞テオリア第54号・2017年3月10日「安保法制下での安保状況」
新聞テオリア第55号・2017年4月10日『左翼は再生できるか』をめぐる論点
テオリア論集4「負け組」をつくらない社会の創り方
三里塚闘争50年の集い7・17東京集会報告集 柳川秀夫・加瀬勉・石井紀子・平野靖識
国連・憲法問題研究会講演会 ここが間違いだ「安倍談話」 歴史認識を問う 山田朗(明治大学教授・近現代史)
国連・憲法問題研究会報告第65集 緊急事態条項 ココが危険  中井 雅人
テオリア論集3 徹底検証 安倍「成長戦略」 水島希・宮崎礼二・金野正晴・金子文夫
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
新聞テオリア第56号・2017年5月10日 資本主義に未来はあるか
新聞テオリア第57号・2017年6月10日 共謀罪―内心を監視する社会
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
新聞テオリア第58号・2017年7月10日 徹底解剖 トランポノミクス
新聞テオリア第59号・2017年8月10日 安倍政権の危機を政治的チャンスへ
新聞テオリア第60号・2017年9月10日 五輪災害と祝賀資本主義
新聞テオリア第61号・2017年10月10日 政治利用される「朝鮮半島危機」
国連・憲法問題研究会報告第66集 安保法制下での安保状況・安倍政権下で進む軍拡/湯浅一郎
新聞テオリア第53号=2017年2月10日号 国家の強圧・差別に抗う沖縄
新聞テオリア第54号・2017年3月10日「安保法制下での安保状況」
テオリア論集5 「分断」から連帯の社会へ / 宇都宮健児・大井赤亥
新聞テオリア第56号・2017年5月10日 資本主義に未来はあるか
新聞テオリア第57号・2017年6月10日 共謀罪―内心を監視する社会
講座・三里塚闘争50年 石井紀子/平野靖識/中川憲一/大森武徳/白川真澄
新聞テオリア
刊行物
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

新聞テオリア第43号=2016年4月10日号戦争法で何が進んでいるのか
販売価格

350円(内税)

購入数


戦争法で何が進んでいるのか

 3月22日、安倍政権は戦争法=安保法制の29日施行を閣議決定し、同時に自衛隊法施行令など26の政令改定も決定された。
 これによって、集団的自衛権行使、「戦闘地域」での米軍支援、PKOでの「駆けつけ警護」、「宿営地共同防衛」などが可能となる。「任務遂行のための武器使用」も可能にされる。7月参院選後には、南スーダンPKO部隊での「駆けつけ警護」などの任務追加を出してくるだろう。
 安倍政権復活後、NSC設置、秘密保護法、武器禁輸撤廃、沖縄での基地建設、愛国心教育など「戦争する国家」づくりが急速に進められてきた。今後、実際に「殺し殺される」危険が大きく増す。
 この3月は「3・11」から5年だった。安倍政権は5年間の「集中復興」期間は終わり、「復興・創生」の期間に入るとしている。
 だが、今も17万人が避難生活を強いられ、福島では10万人近くが避難生活を続けている。
 昨年度までに支出された復興予算24兆円の内、住宅など被災者支援に使われたのは1兆8千億円に過ぎず、多くが大型公共事業・「日本再生」に流用された。
 安倍政権は、原発事故被災地の避難指示を17年3月末をめどに解除し、東電は賠償金を、福島県は避難指示区域外避難者への住宅無償提供を打ち切る。放射能だけでなく、生活インフラや働く場所などの問題が解決されていないにも関わらず、帰還が強いられる。「国民の安全を守る」と称する政権がやっていることは、棄民政策そのものだ。
 棄民政策を続ける政権が「積極的平和主義」を掲げて行っている安全保障政策もまた、本来の「積極的平和」とは真逆のものだ。
 戦争法廃止をめざし、問われてくることは何か。
    (3月26日)

紙面紹介
メイドイン・ジャパン武器で人を殺すな! 杉原浩司 2〜3面
安全保障関連法成立後の自衛隊と日米安保 池田五律 4面
民主主義の甦生―「2015年安保闘争」の中から(上) 白川真澄 5〜7面
ひだんれん/福島/市民の意見広告 8面
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける